2016-09-26

スキルがなくてもチャンスはある!勝負はその後!

エンジニアにとって、仕事をこなす手掛かりとなるのが「スキル」です。エンジニアは何らかの知識や技術を持っていて開発現場などで活躍しています。しかし問題であるのは転職です。これまでとは違う業界へと仕事を変える場合、必要なスキルを持たない場合が可能性としてあります。そうなると、エンジニアとしての仕事がこなせません。職場を移ってから必要なスキルの不足に気づくのは、できれば避けたい状況です。

スキルなしのエンジニアにとって問題なのは転職のリスクです。できれば職場を変わる前に、どのようなスキルが次の仕事で必要となるのかについてリサーチが必要でしょう。業務内容について分析し、技術者に求められるスキルを改めて検証します。場合によっては、見落としていたスキルが存在する可能性もあります。スキルを身につけるためには多少の時間とお金がかかります。しかし、欠けているスキルを事前確認できれば安心することができます。

スキルがないエンジニアのまま行動しないことが大事です。まずはリサーチ力が求められます。また自身の調査能力だけでは不安がある場合、転職アドバイザーに問い合わせてみるのも方法です。仕事探しを支援するサービスでは、希望者に欠けているスキルを指摘しアドバイスをくれます。一人では難しい判断も、業界に詳しいアドバイザーからの助言なら見落としがなくなります。現代流の仕事探しでは専門家から助言を得て、これから仕事で必要となるスキルを補填する動きが活発化しているのです。

そのほか、スキルがないエンジニアに役立つ情報はたくさんあります。まずは、いま自分ができる一歩から踏み出してみませんか?詳しくは⇒【スキルなしからの転職は可能か?】をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です